投稿日:

【MIUI7レビュー6】民主性たかきMIUI!様々なストアに便利モード

MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能.png



第6回目となりましたMIUI7レビューシリーズ。
他にも書きたいネタがあるのでそろそろ終わりにしようかと思っております。笑

さて今回はiOSではあまり馴染みのない部分を取り上げていきます。

過去レビューはこちら。
第1回レビュー「Xiaomiのスマホ”Mi4″と”MIUI”の歴史」
第2回レビュー「品質・デザインが向上したMIUI7のロック画面、ホーム画面」
第3回レビュー「センスの高さを感じる”MIUI7″ ホーム操作編」
第4回レビュー「MIUI7の片手操作モードが秀逸!動画あり」
第5回レビュー「意外とすごい?Mi4・MIUI7のカメラがシンプルかつ高機能」





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3481943934845626"
data-ad-slot="8806407289">







素晴らしきデザインテーマ機能!


MIUI7では新たにシステムレベルでのデザインテーマを変更できるようになりました。
これは楽しいです。

まず標準で5つのテーマがインストールされています。

MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能


詳しく見比べてみましょう。

まずは「Default」と、以前からレビューでも掲載してきている「High Ligh」という高級感のあるテーマです。

  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能
  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能

High Lifeは一目惚れしましたし、MIUI7を気に入るキッカケになったのはこのテーマの存在です。

デザインテーマはアプリ内以外のほぼ全てのデザインが変更されます。ロック画面から通知センター、標準インストールアプリのアイコンなどのシステム部分です。


そして女性をターゲットにした「Pink Blush」と「Rosé」


  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能
  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能
(※スクショ仕様の関係でボリューム表示は勘弁です)

「Pink Blush」のスライダーがハートになっていることに注目。

「Rosé」は大人な女性を意識した感じでかっこいいですね。
あまりピンクが好みでない僕でもついつい設定したくなってしまうほどの魅力があります。

MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能


RoséテーマはiPhone6sのローズゴールドとよく合いそうです。

そして女性を意識したデザインをOSレベルでサポートしていることにもXiaomiに好感が持てます。

Appleの活躍以降は減ってきたものの、コンピュータ業界の製品ってどうしても男性寄りになりがちですし、
ハードウェアの配色として女性向けはあるものの、ソフトウェアレベルでサポートしている例は少ないのではないでしょうか。



デザインテーマのオンラインストアがある


なんとデザインテーマはオンラインストアが存在し、アプリストアと同じくユーザーが作ったものを無料・有料でダウンロードすることができます。

  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能
  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能

ドラえもんにもののけ姫、Windows10やOS X EL Captainまで!

  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能
  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能

試しにOS Xテーマを使ってみましたが、「精美版」と称するだけあって、アイコンはまんまOS Xでした。

  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能
  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能

“Updater”アプリがLaunchpadのロケット、”Themes”アプリがカラフルなGame Centerアイコンなのは違っているようでフィットしていました。

他にも戦車をスワイプアップしてロックを解除したりもMIUIならできます。

MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能


フォントにもストアが存在


中国語ばかりですが、なんとシステムフォントにもオンラインストアが存在しています。
もちろん自由に変えることが可能。

MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能


Helveticaを検索したところiOS9フォントを見つけたので適用しておきました。
(左がMIUI標準、右がiOS9版)

  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能
  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能

Childモードで子どももなんのその


ChildモードもMIUI7で搭載された新機能です。
iOSでいうペアレンタルコントロールだと思うんですが、MIUIのものはもっと大胆な仕様です。

その仕様とは「有効にしたアプリアイコンを画面に表示させるだけ」というもの。

MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能


ホームボタンを押してもこの画面、ロック画面をスワイプしてもこの画面です。

下部のExitボタンを押すとパスワード入力が要求されるため、子どもはホームのアプリを触る以外は何もできません。

  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能
  • MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能

パスワードを入力したら設定ページに入り、Childモード自体をOFFにしない限りはこれら3つの画面を行き来するのみ。
シンプルでとてもわかりやすいんですが、アプリの中身は通常通り触れるようなので、アプリ内課金の件とかが気になるんですがそれはそれで対策があるんでしょうか。

課金まわりや細かいコンテンツまわりは弱いものの、iOSのペアレンタルコントロールよりは白黒はっきりしており、ChildモードをOFFにすればホーム画面も元の状態に戻るので使い勝手はいい感じです。



余談ですが、これはiPhone4を使っていたときに自分が年配者向けスマホとしてイメージしていたものとそっくりで驚きました。

80歳を超える自分の祖父母がかんたんケータイに苦労していた時期があり、自分としてはiPhoneの方がガラケーよりずっとわかりやすいでしょ、と思っていて実際にiPhone3Gでも買わせようかと思ったほどでした。

なぜならiPhoneはホームに電話アイコンただ1つだけを置くことができ、操作がよくわからなくなってもとりあえずホームボタンを押せば元の場所に戻れるからです。

そう、まさにこれ。

MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能


このMIUI7のChildモードはイメージとしてドンピシャで、子どもだけでなく年配者にも打ってつけな機能だと思います。
これはスマホUIの原型を発明したAppleがやるべきことだったのではないでしょうか。


そして僕はXiaomiと気が合いそうです。笑



目に優しいReadingモード


iOS9.3からようやく搭載されるNight Shift機能、
MIUIではReadingモードとして、iOSより先に搭載しています(Androidなのでストアにアプリが既に出てますが)。

ブルーライトの減少量はスライダーで調節でき、Maxにするとかなり黄色くなります。

MIUI7 Mi4 Mi5 レビュー 機能


アプリ単位でReadingモードの無効設定ができるので使い勝手も良好です。
ブルーライトカット機能は非常に重要な機能だと思うんですが、Appleはどうしてここまで搭載をためらったんでしょうね。

もちろんウィジェットとしてホーム画面上で手軽にOn/Offが可能です。



まとめ


第6回レビューは以上です。


MIUIの場合はアプリだけでなく、デザインテーマやフォントまでオンラインストアを展開しているのはなかなかの強みではないかと感じました。
アプリと同様にユーザーがデザインして販売できる仕組みなので、クリエイターもユーザーも更に盛り上がるでしょうね。LINEのスタンプ販売のようなものでしょうか。

念入りなユーザーフィードバックの受け取りと週単位のアップデートサイクルが功を奏し、民主性がやたら高いOSに出来上がっていますよMIUIは。

Mi5が発表されてあちこちの記事ではスペック比較ばかりしていて呆れてくるんですが、やはり独自OSを搭載しているスマホはOSもひっくるめないと見比べないとまともな比較は難しいのでは?

Windows10スマホが登場し、MIUIがここまで成長しているのを見ると、これから数年は「ハード選び」よりも「OS選び」が重要な地位を占めそうです。
もしかしたらスマホ本体のカラバリではなくOSのカラバリ展開というのはこれからの1つのニーズになるかもしれません。

日本人ユーザーは高価なiPhoneか表面的なカスタマイズをされたAndroid端末しかほとんど選択肢がなくてもったいないですね。


ではでは。


第1回レビュー「Xiaomiのスマホ”Mi4″と”MIUI”の歴史」
第2回レビュー「品質・デザインが向上したMIUI7のロック画面、ホーム画面」
第3回レビュー「センスの高さを感じる”MIUI7″ ホーム操作編」
第4回レビュー「MIUI7の片手操作モードが秀逸!動画あり」
第5回レビュー「意外とすごい?Mi4・MIUI7のカメラがシンプルかつ高機能」




Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。