Me

Fumiです。iPad専用テキスト系アプリ「Coard」の開発者。

幼少期の家庭環境の境遇によって心・世界観の基盤がすっかり歪んでしまい、人間のことを仲間と認識できず、高2で神経症(極度の恐怖心)を発症し、鬱状態と寝たきり、心因性の難聴、吃音、不眠症、20時間睡眠、昼夜逆転を繰り返す生活リズム、数秒ごとに起こるトラウマのフラッシュバック、恥や罪悪感、憎悪や鬱憤といった慢性的な煩悩に悩まされ、一時期は殺気に染まって危険な状態に陥るなど、20代は精神的にも経済的にも悲惨な時期を過ごしました。
それらを着実に解消していく過程で、実践的心理と霊的良識を身につけることができました。ADHDといった先天的な特性も持ち合わせいてます。

そして日本の伝統文化や美意識にも目覚め、今や日本通。日月神示を愛読し、高次元の存在たちのチャネリングメッセージからも日々教えをいただいています。食事は毎日自炊で、化学調味料や肉類を取らないオーガニックな菜食主義を心がけています。電子レンジも最近手放しました。あえて人付き合いもせず、ニュースも見ないようにし、静寂さや内面のフォーカスを重視しています。

単にスピリチュアルの世界に興味があるというレベルではなく、「4次元意識」と呼ばれる意識水準に到達しています(人類のほとんどは3次元意識)。4次元意識では、思考/想念とその後の"偶然"の確かな関連性、心地よい気分でいるときは"良い偶然"が、不快な気分でいるときは"悪い偶然"が起きること、そして人々はテレパシーを当たり前のようにやり合っていることなどを日ごろ体認している意識水準です。相手の思考もときどき伝わってくるのがわかります。
洗心や意識浄化の極意を体得してきているので、徐々に人々に説いていくことになるかもしれません。

道具とヒトとの接点部分(= User Interface)に異様な関心があり、思考を向けると自分の全存在が研ぎ澄まされます。Softwareの変幻自在な性質に魅力を感じており、人の精神/心理やSoftwareといった "物理的実体のないもの"は得意分野。
UIデザインに強いComputing系、科学者系のSpiritual Light Workerといったところでしょうか。
心の立て直しをかなり進めてきたので、2021年からはもっと生産的になれそうです。

 

Project

Computing分野をどんどん前進させていくため、今後20年の長期構想を練っています。僕の感覚からすると現代のパーソナル・コンピュータは(特に操作性が)まだまだ原始的で、根本的な部分がいつまで経っても改善されず、正直使いづらいのです。

まずコンピュータの発展において考慮しないといけないのは「人間の生産性を高めること」です。現在はスマートフォンを中心に消費志向な使い方が関心の的となっていますが、コンピュータの本質である「シミュレーション能力」がその本領を発揮するのは、生産作業です。
次に重要な要素が「モバイルコンピュータ」、つまり「個人✕移動」が盛んになっていく時代にマッチした形態(モバイル性)です。
その結果たどり着くのが「生産系モバイルコンピュータ」なわけですが、その発展の中核となるのが、一枚板のタブレットです。これは哲学的結論として、コンピュータはスクリーンより大きい必要はないことによります。その一枚板を中心として、人は必要に応じて周辺機器を着脱していけばいいのです。これをモジュール方式と言います。
次に、そのシンプルな形態において際立ってくるのが「User Interface」です。これはGUIやキーボード含めた総体の概念ですが、中でもテコ入れが必要だと感じているのが「テキスト操作」です。
このテキスト操作とは、フォント調節、コピペやUndo/Redo、カーソル操作といった編集、キーボードショートカット、キーボード配列や入力方式、日本語変換など、Software〜Hardwareを貫く総合的なものを指しています。
テキスト/文字列はデータとしてはもっとも原始的ですが、概念的・構造的には動画や画像、音声よりも複雑に入り組んでいるのが特徴です。そしてそれを流暢に機能させるには、デザイン的側面が物を言います。
というわけでコンピュータがいま直面している問題の根本的な解決には、そのテキスト部分のデザイン改革がもっと必要だということです。そのデザイン改革の中核・基盤となる媒体が「Software」です。

現状、本物のタブレットはiPad一択になるため、まずはiPadを通して人々の生産性を高めていきます。そのために開発しているアプリが「Coard」です。
Coardは、iOS8でカスタムキーボードシステムが導入されたことをきっかけに2015年3月に開発をスタートし、同年12月にリリース。その後アップデートを重ね、2016年7月にエディタ機能の開発をスタート。半年の開発期間を経て2017年2月にテキストエディタ搭載の大規模アップデートVersion2.0をリリース。
ところがその直後に問題がいろいろと起きてプロジェクトを一から書き直すことに。そして2017年2月を最後にCoardを一度もアップデートしておらず、2020年4月にストアから除外されてしまいました。
原始的な状態となったRestarted Versionをもうすぐリリースする予定、というのが今いるところです。

 

プロダクト一覧はこちら  >>

 

Contact

当ブログ管理人とコンタクトを取る手段は主に
・記事へコメントを残す
・下記問い合わせフォームで直接送信
の2つです。

返事をする場合はできる限り早めに返事いたしますが、3日経っても返事が来ない場合は気づいていない可能性があります。メール通知は届きます。
(※ 製品レビュー依頼はお断りしております)