投稿日:

Macブロガー必見!スクリーンキャプチャの隠し機能



エイプリルフールですね。

今回の記事の内容がウソか本当かは実際に確かめてくださいね。笑










style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3481943934845626"
data-ad-slot="8806407289">





Macのスクリーンキャプチャ機能は3種類




たいていのブロガーの方ならご存知かもしれませんが、
Macのスクリーンショットを撮影する機能には3つのタイプがあります。



1.画面全体を一枚の写真として撮影するタイプ
2.選択した長方形の範囲を撮影するタイプ
3.選択した特定のウインドウやエリアを撮影するタイプ




それぞれデフォルトでキーボードショートカットが割り当てられていて、
↓に示す通りです。

1.shift+command+3
2.shift+command+4
3.shift+command+4→space




で、
今回ご紹介する豆知識というのは上記でいう3.の部分です。



commandキーを押すことによって、より細かいエリアの撮影が可能




では具体的に環境設定のウインドウを使ってご説明します。

Mission Control設定で、ホットコーナーの設定(ダイアログボックス)を表示したところです。
 2013 04 01 21 50 27
テスト


ダイアログボックスってなに?って方はこちらを読んでください。
ダイアログボックスとは【dialog box】 – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典






普通にshift+command+4を入力後にspaceキーを押した場合




通常のウインドウ毎のスクショを撮影する場合、下記の画像のようになると思います。




IMG 9337

ウインドウ全体が薄い水色に覆われて、ウインドウ単位で撮影できる状態ですね。



この状態から、マウスカーソル(カメラアイコン)をダイアログボックスの上に移動させてcommandキーを押すと、、、


IMG 9338

なんと、ダイアログボックスだけを撮影できるんです!





そしてcommandキーを押したままダイアログボックスの外へマウスカーソルを動かすと、、、

IMG 9339


なんと、ダイアログボックス以外のエリアを撮影できます!!(用途不明)





動画をご用意したのでぜひご覧ください!
動画の方がわかりやすいと思います。







まとめ




スクショ撮るときにたまたまcommandキーを押してしまって、その時に偶然発見いたしました!

本人おったまげです。



shift+command+4

space

command

この順番ですよ!



Macの記事を書くブロガーの方なら知っておいて損はないと思います。



ではっ

Sponsored Link



Comment