投稿日:

【Mac】ワンキーのみ! ”カット/コピー/ペースト”をFunctionキーに割り当てる

パソコンを使う上でおそらく誰もが頻繁に行う操作、
「カット/コピー/ペースト」
自分もブログやアプリ開発などで頻繁すぎるほど使っています。
でもこれらの操作にわざわざcommand+X/C/Vのキーを使っていませんか?

ナンセンス(´゜ω゜)σ

こういう頻繁に行う操作は、修飾キーとの併用によるコマンドを使うよりも、
Functionキーなどに割り当て、ワンキーで使えるようにした方がずっと効率的でなにより楽です。
ちなみにこの記事書くのにも頻繁に使っております。

ではではその割り当て方法をご紹介します。
もちろん音量調整や輝度調整を犠牲にすることもありませんのでご安心を。







「F3,F4,F5にカット/コピー/ペースト」という前提で話を進めます

IMG 2695 6

まずカット/コピー/ペーストのショートカットをFキーに変更する

メニューバーの「編集」タブを見てみると、
カット/コピー/ペーストにそれぞれ⌘+X/C/Vが割り当てられているのがわかります。
S 2013 11 21 10 13 30 2
この割り当てをFキーに変更します。

「環境設定→キーボード→ショートカット→アプリケーション」
と進んでください。
その画面の”+”ボタンをクリックします。
S 2013 11 21 10 18 10 10

出てきたポップアップウインドウで
「メニュータイトル」と
「キーボードショートカット」の
2つの項目にカット/コピー/ペーストとF3,F4,F5を入力してください。
S 2013 11 21 10 22 01

追加すると、
↓↓のスクショのように一覧に載ると思います。
S 2013 11 21 10 22 48 2

これでキーボードショートカットがFキーに変更されました。
先ほどの「編集」タブを確認してみると、、、

S 2013 11 21 10 23 09 3
ちゃんと反映されているのがわかりますね。

Fキーの機能を反転させる

Functionキーに割り当てた「カット/コピー/ペースト」をワンキーで使えるように、
Fキーの機能を反転させます。
以下のところにチェックを!
S 2013 11 21 10 32 54 2

これで「カット/コピー/ペースト」をワンキーで使えるようになりました。
あとは音量調節などの特殊機能を有効にさせるだけです。

MacユーザーおなじみのBetter Touch ToolでFキーをいじる

S 2013 11 21 10 35 55
最近気づいたんですが、
トラックパッドのカスタマイズで有名なBetter Touch Toolはキーボードのカスタマイズもサポートしていました。
Downloads » BetterTouchTool, BetterSnapTool & SecondBar
ダウンロードはこちら。

キーボードタブを選択してから、
Fキーに特殊機能を割り当てていきます。
S 2013 11 21 10 41 29 10
これで音量調節や輝度調節などの特殊機能もワンキーで使えるようになります。
(※ただし、長押しによる連続調節は有効になりません)

長押しで連続調節をしたい場合はfnキーとの併用って感じですね。


自分の設定を公開

僕はBetter Touch Toolで消音キーに当たるF10にフルスクリーンのON/OFFを、
環境設定のキーボードショートカットでF6に環境設定アプリ起動を、
F7はいじらず、デフォルトのカナ変換を使っています。
(※コメントでご指摘いただき、F7ではなくcontrol+Iを使うことにしました。)
ご参考に。
S 2013 11 21 10 51 30
S 2013 11 21 10 52 53

IMG 2697 28
Functionキーを無駄なく活用しています。

「カット/コピー/ペースト」をFキーに割り当てるのはとてもオススメです!
※Fキーはブラインドタッチがしづらく、ホームポジションが崩れるというデメリットがあるので、
「PopClip」というアプリもオススメします(コメントいただきました)。
あんなことやこんなことも出来る「PopClip」ってMacアプリが便利すぎて悶絶 | Sinack

ぜひお試しあれ!

ではっ

Sponsored Link





【Mac】ワンキーのみ! ”カット/コピー/ペースト”をFunctionキーに割り当てる」への2件のフィードバック

  1. 「カナ変換」をファンクションに当てていますが,こういったテキスト周りこそ,ホームポジションを崩さない標準のキーバインドを使う方が,作業効率化につながります。

    見かけの単純さでLess is better,Simple is betterとしてしまうのは安直です。木を見て森を見ず,ではなく文脈を含めた全体像を多次元的に俯瞰し,考察することで,より訴求性の高いアイデアに行き着くと思います。(この投稿を見る限りも,設定の段階でcomplicatedです)

    ファンクションのためにディスプレイから目を離すくらいならば(ブラインドタッチできるなら別ですが),代替案として,むしろPopClipの使用が,テキスト選択を起点とする文書操作においてはベターだと考えますよ。

    1. 湯採人様

      コメントありがとうございます。
      いや〜痛いところをことごとく突かれて感激致しました。
      湯採人様のおっしゃる通りで、実はこの方法はFキーだとディスプレイからいったん目を離す必要があり、設定方法も小難しいので万人向けとは言い難いです。
      そのデメリットを的確にご指摘されるとはさすがです。

      「カナ変換」についてはファンクションキーのことしか頭にありませんでした^^; F7よりcontrol+Iの方がホームポジションを崩さないので便利ですね。

      PopClipも調べたらとても便利そうなアプリなので、試してみようかと思います。感謝致します。

Comment