投稿日:

【Mac】スワイプアップ×⌘Rの神コンボ。Better Touch Toolオススメ設定(その5)

どーもです。

ひっさびさの「Better Touch Toolオススメ設定」シリーズです。

最後の更新から5ヶ月も経ってしまったという放置っぷり。
しかしこのシリーズ、まだまだ続きますので(たぶん)
どうぞお見知り置きを。






style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3481943934845626"
data-ad-slot="8806407289">







スワイプアップでリフレッシュ!リロード!ビルド!


さて、Better Touch Toolを使い始めておそらく3年半以上経つと思うんですが、
今回ご紹介するカスタマイズジェスチャーも
長く愛用しているものです。

ずばり、
「スワイプアップでリフレッシュ!」



⌘Rをジェスチャーに割り当てる




具体的には、
3本指スワイプアップに⌘Rを割り当てるというもの。



なぜ⌘Rなのか。
これは人によって使用頻度が違うと思いますが、
⌘Rってけっこういろんなアプリで割り当てられていて、
しかもたいていは
「更新」
に通ずる操作に割り当てられているんですよ。



例えばもっとも代表的なものといえば
ブラウザのウェブページ再読込

僕が確認したところでは、
Safari,Chrome,Firefoxのいずれも
ウェブページ再読込に⌘Rが標準で割り当てられていました。

みなさんはウェブページを再読込させることはありませんか?
僕は頻繁にあります。
そういうときに、いちいち⌘Rを押すのはめんどくさいんですよね。





他にはメールアプリの返信、
S 2013 10 11 at 12 18 09

開発者のみですが、Xcodeのビルド、
S 2013 10 11 at 10 43 04

そして、キーボードショートカットを無理矢理⌘Rに変更したevernoteの更新などなど。
S 2013 10 11 at 10 44 43



一般ユーザーであればブラウザの再読込が最も使用頻度が多いと思います。
開発者であればXcodeのビルドも使用頻度はかなり高めです。



今回も動画を作ってしまいました。
どーぞご覧あれ!









evernoteのSyncを割り当てる方法


動画はいかがでしたか?

スワイプジェスチャーの手軽さが分かっていただけたと思います。



evernoteアプリのSyncは標準では⌘Rは割り当てられていないので、
割り当てる方法をご紹介します。



メニューバーの「ファイル」を見てください。
英語で申し訳ないですが、
「Sync (アカウント名)」という項目があります。


これがevernoteを更新する項目なんですが、
⌘Rは割り当てられていません。


S 2013 10 11 at 11 48 40

「環境設定 → キーボード → キーボードショートカット」
と進んでください。
左メニューの一番下にある「アプリケーションショートカット」を選択します。


S 2013 10 11 at 11 54 33

+ボタンをクリックするとダイアログボックスが表示されます。

そこに以下のように入力してください。


S 2013 10 11 at 11 57 48



そしてevernoteアプリのファイルメニューを再度
確認してみると
「Sync」のキーボードショートカットが⌘Rに変わっているのがわかります。



S 2013 10 11 at 12 02 01



これで変更完了です。
3本指スワイプアップをすることにより、
evernoteが更新されるようになります。







保存(⌘S)を頻繁に行う方は
スワイプに⌘Sを割り当てるのもアリかもしれませんね。



ではっ

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。