投稿日:

【その後レビュー】高品質・秀逸なbelkin iPad Air2キーボード「QODE Ultimate Pro」

どーもです。

belkinのiPad Air2キーボードケースを使い始めて3ヶ月ほど経ったので、
使い込んでから個人的に特に満足している部分をレビューしたいと思います。






フルサイズキーが秀逸


20150516-153502.jpg

このキーボードは一体型にしては大変珍しく
MacBookと同じフルサイズキーを一部キーで採用しています。
(【追記】キーサイズは同等ですが、左右のキーピッチはMacBookよりわずかに狭まっていました。
たとえばA~Lの横一列の長さはMacBookほど広がっていません。
また、MacBookのキーは正方形に対し、belkinのキーは横長長方形で、縦幅が2mmほど狭いです。




前回のレビュー、パート3を書いている時に気がついてからというもの、
このフルサイズキーにはとても満足してます。

おそらくこのキーボードケースの最大のメリットと言っても過言ではないかもしれません。

ファンクションキーが数字キーと一体化しているのは確かに残念ですが、 アルファベットの打鍵数とファンクションキーの使用数を考えたら、
やはりフルサイズのアルファベットキーを使えるのは大きなメリットですよね。 文字を打つためにキーボード使うわけですから。

iPadと同じ横幅なのにフルサイズキーを使えるというのは贅沢だなと日々感じながらタイピングしてます。

単体キーボードとしても使える

このキーボードは単体のBluetoothキーボードとしても使えちゃいます。
キーボードのマグネットヒンジをキーボードの下側へ折り曲げると、 下側のマグネットにカチャっとくっ付き、キーボードの電源がONになり、
自動でiPadと接続。

belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー

しかもキーボードがちゃんと傾きます。
粋なデザインですよね。

belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー

つい最近までこの方法がわからず困っていたんですが、
サポートに問い合わせたところ、 僕がマグネットの位置に気づかずにONにできなかっただけでした。笑

それはさておき、 単体キーボードとしても機能するのは使い勝手が向上するので ありがたいです。
例えば一体化している時は2段階しか角度調節できませんが、 スクリーンをもっと傾けたい時は分離して別のスタンドを使う、というような
使い方もできるわけです。

そして一体化している時は、例えiPadを立て掛けていても、1分ほどで接続が自動でOFFになってしまいますが、
ヒンジを折り畳んで使っている場合は、Bluetooth接続は自動では切れないようです。

iPad本体とは別にもう一台のBluetooth機器を接続・切替ができるので、
その時々で柔軟な使い方ができるのも
このキーボードならではだと思います。


使わない時もケースと一体化


belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー

使わない時でもキーボードとケースをピッタリ密着させることができます。 僕はiPadは普段ハダカで使うので、
キーボードを使わない時はケースも外してます。

(メーカー側が狙ったのかはわからないですが)
マグネットによってキーボードとケースをまとめておけば 扱いがとても楽になります。 ケースをヒンジとキーボードの両側から挟めるので

しっかり固定されるんです。
もはやグッドデザインレベル。


一応裸のままでも使える



無理やりですが、一応裸のiPadのままでもそのまま立て掛けて使うことはできます。

belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー


底面はマグネットが効くからいいとして、
背面はマグネットで固定できないものの、一応ヒンジに立て掛けて使えます。
僕のようにiPadを裸で使っていて、毎回ケースを着脱するのが面倒な時は、iPadをそのまま立て掛けて使うのもアリだと思います。

参考:iPadに磁石つけて外付けキーボードの角度を増やしたら快適だった


持ち運びは小さいバッグでOK




belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー


小さめの肩掛けショルダーバッグがあれば
iPadとキーボードケースを十分持ち運べます。 上の写真のバッグだとMacBookシリーズは到底収まらないサイズ。

僕の手持ちバッグの場合、 MacBookを持ち運ぶ時はリュックを出さないといけないので
この差はかなり大きいです。


2種類のキーボード切替手段



belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー


このキーボードは言語を切り替える方法が2つあります
【追記】iOS9から1つになってしまいました。
一つは“fn+control”のキーボードケースオリジナルのもの
もう一つは“command+space”のiOSのものです。

配置的にはiOSオリジナルの方がタイプしやすいんですが、
ケースオリジナルの方はキーを押した瞬間に次の言語へ切り替えることができるため、 使い勝手は勝っています。

iOSオリジナルの方は一度タイプすると キーボード一覧が表示されるだけなので、切り替えるには再度タイプする手間があるんですよ。

というわけで僕はケースオリジナルの方をいつも使っています
【追記】使えなくなりました。


新色が追加された



最近このキーボードケースに新色が2色追加されたようです。
ゴールド/ホワイト、ゴールド/ブラックの2つです。
belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー
belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー



ツートンカラーとしてホワイトだけでなく、ブラックも用意されているので、
どのiPadユーザーでもゴールドを楽しめますね。

belkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビューBuy the Belkin QODE™ Ultimate Pro iPad Air 2 Keyboard Casebelkin iPad Ultimate Pro Keyboard Case 外付けキーボード レビュー



まとめ



周辺機器にしては決して安くはないし、日本では発売されていないので輸入品を買うしかないんですが、
満足度が非常に高い製品に仕上がっており、人によっては買う価値はあるキーボードだと思います。

個人的にオススメだと思うのが、毎日のように高い頻度でiPadで文章を書く人、
そして外出先でもよく文章を打つ人です。
こういったユーザーは高い価値を享受できると思いますね。

次回はiOSとキーボードの相性について書こうかと思います。
ではでは。


他のレビュー記事はこちら。
【レビュー1】iPad用一体型キーボードの最高峰!belkin iPad Air2キーボード「QODE Ultimate Pro」

【レビュー2】サイズ編 belkin iPad Air2キーボード「QODE Ultimate Pro」

【レビュー3】キーボード編 主要キーの幅がフルサイズ(!)なbelkin iPad Air2キーボード「QODE Ultimate Pro」




Sponsored Link



Comment