Coard



English

☺︎?

“Coard”は
マウス、多彩なキーボードショートカット、シンプルなメモを融合させ、
タブレットにデザインを特化させた
テキストエディタ&カスタムキーボード&外付けキーボード統合アプリです。
2017/2月にカスタムキーボード提供アプリから発展しました。











他のアプリとの違い

iOSの多くのテキスト入力アプリが切磋琢磨しているのは、テキストの加工、保存データの管理、ドキュメントの共有といった「入力したテキストをどうするか」であり、下のイメージの”B”の部分です。






対してCoardが追求しているのは「いかに入力しやすくするか」であり、「脳 -> 目 -> 手 -> キーボード -> テキスト」という一連の流れを促すことです(A)。
他のアプリとはアプローチしている部分が根本的に異なり、立体空間を意識してデザインされています。






腕の疲労を抑える

9割方オリジナルなUIデザインの徹底と、外部キーボードの本格対応によって、Coardエディタはスクリーンの上側3分の2を終始タッチする必要がありません。手を浮かせる必要がないのです。






これにより、iPadのラップトップスタイルの大きな弱点である「腕の疲労」の問題を激減させました。他のアプリやAppleどころか、世界中のタブレットメーカーも取り組んでいない問題に、Coardは本気で対処しています。






業界最高水準のテキスト操作

Coardエディタは、コンピュータ界でも類まれな機能・UIデザインの数々を有しています。






キーコマンドと連動する円運動UI「カーソルホイール」、
覚えやすい/直感的/ホームポジションを崩さない「スペースキーコマンド」、
コンピュータのカスタマイズでは実現できない高度な「括弧・HTMLタグのハンドリング」、
そしてMacのような言語切替を再現したiPad史上初の「入力言語の直接指定」など。






シンプル

高機能とは思えないシンプルさを持つCoardエディタは、フルスクリーンモードがなくても「書く」ことに集中しやすい環境になっています。




下書き管理とタブUIを融合させた「下書きタブUI」は’Space Tab’のみで「下書き切替/新規作成/削除」をすべて担い、そのスピーディーさ、シンプルさは執筆への集中を促します。
投稿専用アプリ顔負けの軽快さを持ちながら、合理的な設計とUIデザインによって、操作性と生産性を流暢に増幅させるテキストエディタとなりました。








カスタムテキスト
34前後のカスタムキーに、よく利用する記号・単語・括弧・HTMLタグなどを登録できます。画面下に表示されているので手軽に入力でき、カスタムキーボードで他のアプリ上でも呼び出せます。
ガイドキーボード
編集中に素早く呼び出せる丁寧な解説を、キーコマンド・エディタ向けに用意しています。ヘルプページへ行く手間もなく、全機能・仕様を把握することができます。
非装飾テキスト
Coardエディタはテキストの太字、Markdownなどのリッチテキストを扱いません。その代わりフォントサイズ調節は群を抜く柔軟性を持ち、使う人の用途を狭めない方針をとっています。
バージョンの復元
1つのドキュメントに最新20件の保存履歴が保持されており、遡って復元することができます。これによってテキストの安全性を高めています。
テキスト共有
共有機能はiOSの共有エクステンション・Open Inをサポート、ウインドウはタッチしやすい位置に表示されます。投稿アプリとしても活躍し、AirDropでMacへの共有も可。
アナログ時計・日付・曜日
アナログ時計が常に表示されているので、時間を意識しながら作業ができます。また、今日の日付と曜日の表示はスケジュール作成にとても便利です。
TextExpander
もちろんサポート済み。他のアプリと違い、設定のONと内容更新を1つにまとめたシンプルさを徹底しています。
輝度調節
‘command 1/2’でスクリーンの明るさを調節できます。特殊キーのないSmart keyboardでも手軽に利用できます。


ログインなし、アプリ内課金なし、セールなし

¥2,200


※本アプリは最低限の実用性を確保してリリースした、発展途上の製品です。
しかし価格は、長期的なアップデートと完成形をイメージして設定されています。
現在はプログラミング言語Swiftの新バージョンへの書き換えとともに、
今後長期にわたる新機能追加に備えるため、アプリ全体の膨大なプログラムコードを一から書き直しております。

iOS12では基本的な動作はしますが、一部の機能(ホイールによるテキスト選択、キーボードの半透明化といった使い勝手に関わる機能)が動作しません。
iOS11では各ページがまともに表示されないため、iOS12へのアップデートをオススメします。
10.5/11インチスクリーンでは9.7インチサイズが拡大表示されます。
他社アプリで表示するカスタムキーボードは拡大表示ではなく、画面が広くなった分スペースができます。


【追記:2019/03/28】
開発者の勝手な都合でここ2年ほど開発が止まり、ユーザー様にご迷惑をおかけしておりましたが、開発に復帰致しました。
年内のアップデートを目指しておりますので、来年のアップデートになるかもしれませんが、しばらくお待ち下さい。






習熟を要するテクノロジー

CoardEditor-AboutHandlingUI


ホイールや独自のスペースキーコマンドは新しい操作方法のため、
使い慣れることに不安や抵抗を抱くかもしれません。
しかし”パーソナルコンピュータの父”と言われるアラン・ケイはこう言っています。


『新たに習う必要がない、という消費者社会の願望がある。
これは使い始めるのは簡単だが、たいてい価値がなく、弱体化したきわめて低レベルなプロダクト、という結果になりやすい。
われわれは習熟を要するテクノロジーで、消費者のその願望をはっきり確認することができるが、十分な実を結ばせることは可能で、ユーザーをエキスパートにさせることができる。
(例えば音楽楽器、筆記、自転車などで、より少ない習熟性の自動車へと続く)』


Coardエディタの新しく、ユニークな操作方法は始めは慣れが必要ですが、「iPadで文章を作る」ことにおいて、ユーザーにエキスパートになるための伸び代を提供します。


CoardWebSite-eyeCatch-image-2016:01:28