English

☺︎?

Coardは
マウス、多彩なキーボードショートカット、シンプルなメモを融合させ、
タブレットに特化させたテキストエディタアプリです。
2017/2月にカスタムキーボードアプリから発展しました。













他のアプリとの違い

iOSの多くのテキスト入力アプリが切磋琢磨しているのは、テキストの加工、保存データの管理、ドキュメントの共有といった「入力したテキストをどうするか」であり、下のイメージの”B”の部分です。






対してCoardが追求しているのは「いかに入力しやすくするか」であり、「脳 -> 目 -> 手 -> キーボード -> テキスト」という一連の流れを促すことです(A)。
他のアプリとはアプローチしている部分が根本的に異なり、立体空間を意識してデザインされています。






腕の疲労を抑える

9割方オリジナルなUIデザインの徹底と、外部キーボードの本格対応によって、Coardエディタはスクリーンの上側3分の2を終始タッチする必要がありません。手を浮かせる必要がないのです。






これにより、iPadのラップトップスタイルの大きな弱点である「腕の疲労」の問題を解決しました。他のアプリやAppleどころか、世界中のタブレットメーカーも取り組んでいない問題に、Coardは本気で対処しました。






業界最高水準のテキスト操作

Coardエディタは、コンピュータ界でも類まれな機能・UIデザインの数々を有しています。






キーコマンドと連動する円運動UI「キャレットホイール」、
覚えやすい/直感的/ホームポジションを崩さない「スペースキーコマンド」、
コンピュータのカスタマイズでは実現できない高度な「括弧・HTMLタグのハンドリング」、
そしてMacのような言語切替を再現したiPad史上初の「入力言語の直接指定」など。






すごくシンプル

高機能とは思えないシンプルさを持つCoardエディタは、フルスクリーンモードがなくても「書く」ことに集中しやすい環境になっています。




下書き管理とタブUIを融合させた「下書きタブUI」は’Space Tab’のみで「下書き切替/新規作成/削除」をすべて担い、そのスピーディーさ・シンプルさは執筆への集中を促します。
投稿専用アプリ顔負けの軽快さを持ちながら、合理的な設計とUIデザインによって、操作性と生産性を流暢に増幅させるテキストエディタです。








カスタムテキスト
34前後のカスタムキーに、よく利用する記号・単語・括弧・HTMLタグなどを登録できます。画面下に表示されているので手軽に入力でき、カスタムキーボードで他のアプリ上でも呼び出せます。
ガイドキーボード
編集中に素早く呼び出せる丁寧な解説を、キーコマンド・エディタに用意しています。ヘルプページへ行く手間もなく、全機能・仕様を把握することができます。
非装飾テキスト
Coardエディタはテキストの太字、Markdownなどのリッチテキストを扱いません。その代わりフォントサイズ調節は群を抜く柔軟性を持ち、使う人の用途を狭めない方針をとっています。
バージョンの復元
1つのドキュメントに最新20件の保存履歴が保持されており、遡って復元することができます。これによってテキストの安全性を高めています。
テキスト共有
共有機能はiOSの共有エクステンション・Open Inをサポート、ウインドウはタッチしやすい位置に表示されます。投稿アプリとしても活躍し、AirDropでMacへの共有も可。
アナログ時計・日付・曜日
アナログ時計が常に表示されているので、時間を意識しながら作業ができます。また、今日の日付と曜日の表示はスケジュール作成にとても便利です。
TextExpander
もちろんサポート済み。他のアプリと違い、設定のONと内容更新を1つにまとめたシンプルさを徹底しています。
輝度調節
‘command 1/2’でスクリーンの明るさを調節できます。特殊キーのないSmart keyboardでも手軽に利用できます。


ログインなし、アプリ内課金なし、セールなし




¥2,200
(Apple徴収料 ¥660 込み)



※本アプリは最低限の実用性を確保してリリースした、発展途上の製品です。
しかし価格は、長期的なアップデートと完成形をイメージして設定されています。






習熟を要するテクノロジー

CoardEditor-AboutHandlingUI

ホイールや独自のスペースキーコマンドは新しい操作方法のため、使い慣れることに不安や抵抗を抱くかもしれません。
しかし”パーソナルコンピュータの父”と言われるアラン・ケイはこう言っています。

『新たに習う必要がない、という消費者社会の願望がある。
これは使い始めるのは簡単だが、たいてい価値がなく、弱体化したきわめて低レベルなプロダクト、という結果になりやすい。
われわれは習熟を要するテクノロジーで、消費者のその願望をはっきり確認することができるが、十分な実を結ばせることは可能で、ユーザーをエキスパートにさせることができる。
(例えば音楽楽器、書くこと、自転車などで、より少ない習熟性の自動車へと続く)』



Coardエディタの新しく、ユニークな操作方法は始めは慣れが必要ですが、「iPadで文章を作る」ことにおいて、ユーザーにエキスパートになるための伸び代を提供します。




CoardWebSite-eyeCatch-image-2016:01:28