投稿日:

今さら気づいた!毎日使うiPadのソフトキーボードの「あるキー」の存在

どもです、どもども。
先日iPadでキーボードを叩いていて、あるキーの存在に初めて気が付き、衝撃を受けてしまいました。








style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3481943934845626"
data-ad-slot="8806407289">





「君は、いつからそこにいたんだい?」



そうです、そのあるキーとは「Undo」「Redo」キーのこと。


iOSって本体をシェイクすると「取り消し操作」ができますよね、アラートとともに。

あれって意外と面倒くさいし、振ったところで必ずアラート出るわけでもないし、人前じゃあまりやりたい操作ではありませんよね。



なんと
iPadのキーボードにはそれが内臓されていたのです!!(がーん)



スクショはこちら。

ipad キーボード 取り消し やり直し undo redo command z

ipad キーボード 取り消し やり直し undo redo command z



いやあ、見つけた時は衝撃的でしたね。
「君は、いつからそこにいたんだい?」
という目でしばらく見つめていました。
身近すぎて逆に気付かないっていうアレですかね。

要するにMacでいう「Command + z」がiPadでもできるということですよね。
うっかり”全選択→改行”で文章消してしまっても、キーボード上で元に戻せる。



僕はRetinaが初めて搭載された第3世代iPadからずっとiPadを使ってきているんですが、
このUndo,Redoキーはいつから搭載されてたんでしょうか。


簡単に調べてみました。
まずこちらの記事

ipad キーボード 取り消し やり直し undo redo command ziPhone/iPadの文字入力中に「元に戻す」「取り消す」にはiPhone/iPadを軽くシェイクする – すまほん!!ipad キーボード 取り消し やり直し undo redo command z


が書かれた2012年12月時点ではiPadのキーボードに内臓されていなかったようですが、
こちらの記事

Mac Fan.jp:iPadで文字入力の「取り消し/やり直し」をするipad キーボード 取り消し やり直し undo redo command z


を見る限りiOS6の時点では搭載されていたようです。
軽く1世代分はジャンプしてますね、僕。



願わくばペーストボタンも付けて欲しいところです。
だってテキストフィールド移動ボタン(これ→< >)のとこ、スペース空いてますもん笑
そういう点では、ペーストキーなどがあるiPhone6Plusは羨ましい仕様です。


ハエたたきの如くだだっ広い板をブンブン振り回す生活とは、これでオサラバであります。


Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。